« 山中伸弥氏は医学、小保方晴子氏STAP細胞研究は量子医学 | トップページ | マリーシア航空370便機長は凄腕パイロットである »

2014年3月18日 (火)

マレーシア航空370便消息不明事件は永久に闇に葬られるだろう

通信設備、トランスポンダーをオフ。
そして機長は370便の高度を4万フィート以上に上昇させた。
この高度に達したとき、機内与圧は2万フィート程度にセット。
これにより乗客全員は深い睡眠に入る。
その後、高度を2万3千フィートに下ろすが、機内与圧は2万フィートを維持。
これは人間が目を自然と閉じてしまう高度であり、熟睡状態が維持された。
酸素マスク装着コックピット乗員以外の乗客、乗員は深い深い睡眠状態で、どのようなアクションもない。
これにより7時間の飛行コースは完全に秘密裏に遂行できる。
--------------------------------------------------------------
トランスポンダーをOFFにしているので民間のレーダーには反映されない。
機体を捉えることが出来るのは衛星、軍の防空レーダーのみだ。
ここでケッシュ技術、アメリカ無人ステルス偵察機を無傷捕獲した電磁波遮断装置が使用される。
これによりインド防空レーダー、監視衛星、パキスタン防空レーダーなどに捉えられることもない。
機体はイラン領空に入り、事前に予定した軍基地に着陸、直ちに乗客全員は隔離拘束された。
-----------------------------------------------------------------------
イラン着陸まですべては沈黙の中で行われた。
低酸素症すれすれの深い睡眠に入った乗客には、すべては夢の中での出来事だ。
実際、与圧無しでは1万8千フィートになると全員、深い睡眠に入る。
イランはアメリカの無人ステルス偵察機を捕獲したように、ボーイング777を無傷で捕獲できたことになる。
しかも多数の中国人人質を獲得、これは偵察機捕獲のように公表することはない。
あくまで水面下での中国との交渉となる。
----------------------------------------------------------------
私の推測だが、強烈だった中国政府のウイグル弾圧が、急にトーンが押さえられた時が交渉の開始である。
無人スパイ偵察機を捕獲した時、イランの発表は捕獲機を秘密基地に移動後だった。
これによりアメリカの総力探査でも保管場所が不明であり、ついにオバマ大統領は恥を忍んでイランに対し返還要求を公に発表したが、無視され現在に至っている。
今回の目的がウイグル弾圧開放、それに続くウイグル救済と分離独立である。
これには欧米は沈黙せざるを得ない。
むしろ積極的な沈黙とマスコミ操作で後押しするだろう。
ロシアも同じだ。
-----------------------------------------------------------------
唯一狂うほどの打撃をうけるのは中国だが、メンツ上、この事件は公にはできない。
すべてが水面下で推移する。
つまりマレーシア航空370便の行方は永遠に闇に葬られる。
この次には欧米によるチベット開放の作戦が実行されるだろう。
すべては中国が行ってきた悪事、悪行への報いである。

« 山中伸弥氏は医学、小保方晴子氏STAP細胞研究は量子医学 | トップページ | マリーシア航空370便機長は凄腕パイロットである »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1647313/55415858

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシア航空370便消息不明事件は永久に闇に葬られるだろう:

« 山中伸弥氏は医学、小保方晴子氏STAP細胞研究は量子医学 | トップページ | マリーシア航空370便機長は凄腕パイロットである »

フォト
無料ブログはココログ