« 韓国はなぜ自滅の道を歩むのか | トップページ | ケッシュ財団の本が3月1日発売になっていたとは驚いた »

2014年2月21日 (金)

ケッシュ財団に世界軍事大国はひれ伏すか

   

     ケシュ財団より福島へ捧げる放射能汚染除去技術

  
              この動画を見ていたら最後に恐るべき技術を述べていた
              ケシュ財団研究所とは何かと思いホームページを探した
                 http://www.keshe-supportersnetworkjapan.com/ 
                         そのトップページ下に
               
     もちろん空飛ぶ円盤などとはぐらかしているが最初の動画の最後のメッセージで
                     怖ろしい内容の説明が含まれていた 
               アメリカの最新無人探査機がイランに無傷で捕獲されたが
                  それには恐るべき技術が使用されていたのだ
             その技術をケシュ財団研究所は保有していることを誇示していた
                これを使えば銀行も飛行機も炊飯器も使用不可能となり
                      東京は江戸時代に戻ってしまう
                    私か前に書いていた怖ろしい技術だが
                   なんと、この財団が保有していたのである
                    動画では平和利用を強調しているが
             原爆だってアインシュタインは平和利用と信じていた技術だった
                     もしこの財団がその力を間違えば
                    世界各国はひれ伏すしか道はない
               何百兆投じた兵器も金融システムも無用の長物となる
                 動画の配信は2014年2月8日となっている
              不気味なことにこの博士は、もうすぐ特定国家に向かうと
                      動画内で語っているのだ            
      
               ボーイング787の過電流事故はプロローグに過ぎない
                 それをホームページのトップで暗示している
                「どのような最新兵器でも無力になりますよ」と
                おおおーーーー怖ろしい
                 
                          が
                   まぁ、それもいいかもね

« 韓国はなぜ自滅の道を歩むのか | トップページ | ケッシュ財団の本が3月1日発売になっていたとは驚いた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1647313/55087105

この記事へのトラックバック一覧です: ケッシュ財団に世界軍事大国はひれ伏すか:

« 韓国はなぜ自滅の道を歩むのか | トップページ | ケッシュ財団の本が3月1日発売になっていたとは驚いた »

フォト
無料ブログはココログ